コラム

リンパってよく聞くけど何だろう?

リンパとは??

リンパって、よく耳にするけど何だかよくわからない・・・という方が多いと思います。

簡単に言うと…「体内の下水道」

リンパとは、全身を網の目のように張り巡らされている「リンパ管」、その管の中の流れている「リンパ液」、鎖骨や、わきの下などにある「リンパ節(リンパ管の中継点)」。これらを総称したものをリンパと言います。(リンパ系とも呼ばれる。)心臓から勢い良く送り出された血液が栄養や酸素を運ぶのに対して、リンパは体内で不要になった老廃物や疲労物質を回収して運ぶ「下水道」のような役割を果たしています。

ちょっと詳しく説明しますと

血管が全身に張りめぐらされているのと同じように、リンパ管が全身に張りめぐらされており、この中をリンパ液が流れています。これをリンパ系といいます。このリンパ液は、からだの組織と組織の間にある液体(組織間液(そしきかんえき))が集められたものです。

リンパ管のうち、もっとも細くて組織の内部に入りこんでいるものを毛細(もうさい)リンパ管といいます。毛細リンパ管は、網の目のように全身の組織に張りめぐらされています。毛細リンパ管は集合して、より太いリンパ管になって、組織から出てきます。このリンパ管は、さらに合流し、最後は1本の太い管になって、くびの下にある鎖骨下静脈(さこつかじょうみゃく)につながっています。リンパ液は、ここから静脈に流れこみます。

リンパ管が合流して太くなる部分は節のようになっているので、リンパ節(せつ)(リンパ腺(せん))といいます。

リンパ節は新しいリンパ球や免疫抗体を産生し、細菌や異物を処理しています。 リンパ節は、全身に約800個ありますが、もっとも多くあるのは、くびとその周辺部(腋下(わきの下)や鎖骨下)で、ここには約300個が集中しています。つぎに多いのは脚(あし)のつけ根(鼠径部(そけいぶ))とその周辺です。

リンパ系のはたらき

★免疫力アップ

体内に侵入してきた細菌は、リンパ系を流れる間にリンパ節でとらえられます。リンパには、細菌などを退治し、体を病気から守る働きがあります。リンパ節がフィルターの役割を果たし、老廃物や細菌をろ過しています。全身に細菌が回って風邪をひいたり、病気にならないようにしているのです。

また、腸管から吸収された栄養分は、門脈(もんみゃく)という静脈を経由して肝臓に入るものもありますが、脂肪などは大部分が腸管の近くのリンパ系に入り、それから門脈に入ります。いったんリンパ系に入ることで、腸に吸収された栄養分にまじっている毒素などがとり除かれるのです。

★疲労回復

リンパ液にはアルブミンという成分が含まれており、これが大きな役割を果たしています。簡単にいうと、アルブミンには吸着力があり、疲労物質をくっつけて掃除してくれています。したがって、リンパの流れが良くなると、疲労物質が取り除かれ、逆にリンパの流れが悪いと疲労物質が身体にたまり疲れが溜まってしまいます。疲れが溜まっている人は、リンパの流れを良くすると疲労回復の助けとなります。

ページ上部へ