悠のブログ

【腸内環境を整えるって!?】(・・?) 2

前回・・・
腸内には《善玉菌》《悪玉菌》《日和見菌》という3種類の腸内細菌がいて
それぞれが、どんな働きをするのか?
ということを書きました
 
では、良い腸内環境って??
どのような状態が良い腸内環境なのでしょう…
 
 
腸内細菌の総量は、ほぼ決まっているので
その内訳として
善玉菌が増えれば悪玉菌が減り
善玉菌が減れば悪玉菌が増える…
というシーソーの関係になり
その2つの菌の割合は変化しますが
全体の量としては大きな変化はありません
 
 
したがって、このバランスがとても重要となってきます
 
 
腸内バランスのベストな状態は? 
善玉菌:悪玉菌:日和見菌
2:1:7
%e8%85%b8%e5%86%85%e7%92%b0%e5%a2%83 
理想の腸内細菌の割合は
善玉菌が2割
悪玉菌が1割
日和見菌が7割、と言われています
 
7割を占める日和見菌の割合はほとんど変わることがありません
 
 
問題は、残りの3割を善玉菌と悪玉菌が
どれだけの割合で存在するか??
ということになってきます
 
 
しかし、悪玉菌といえども
すべてにおいて悪い働きをするのではなく
善玉菌にはできない役割りもあるのです
 
実は悪玉菌もビタミンを合成したり、強い病原菌から守ってくれたりもしているのです
なので、その存在を0(ゼロ)にすることはできません
いくら善玉菌に出来ない役割があるといっても
悪玉菌には「悪」としての働きである
便秘や免疫力の低下、腸内の腐敗から生み出される有害物質は
健康から遠ざかってしまいます
現代は食の欧米化や不摂生
ストレスが多い社会となっているので
どうしても悪玉菌が増えてしまう環境下にあります
できれば毎日、発酵食品などを積極的に摂りいれて
善玉菌:悪玉菌:日和見菌
2:1:7
の腸内環境づくりを目指していきましょう!!
発酵食品スペシャリスト【醸しにすと】
超(腸)スッキリ美人ナビゲーター
藤田 悠でした〜〜╰(*´︶`*)╯♡

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
リラクゼーションサロン悠
http://www.salon-you.net/
住所:神奈川県相模原市中央区淵野辺1-2-7
TEL:080-3511-6974
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ページ上部へ